矯正でさらに美しく

「矯正する必要なんて、どこにあるの?」と思えるような女性のケース。矯正治療は、今美しい人をより美しくする場合もあります。審美的治療も兼ねているということを、よく理解していただけるのではないかと思います。歯科矯正は、キレイな歯並びと口元、そして、正しいかみ合わせ、この三つを目標にして治療をします。この三要素のなかでも、大人の女性の場合は、キレイな歯並びと美しい口元を望んでいる患者さんが多いのも事実です。もちろんいうまでもないことですが、見かけだけキレイになれOKということはありません。食べる、話すという人間にとって重要な機能の改善は大前提です。この大前提に立って、やはり「口元をキレイにしたい」という審美的要素は、歯科矯正治療にとって欠かせない要素です。ひと昔前は、日本で歯科矯正といえば、子どもの治療が中心でした。ところが、最近は日本人も欧米人なみに、口元や歯並びに対する意識が高まったせいか、大人の歯科矯正が増えてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です