歯科矯正の時期

子どものころに早期治療をすると、歯を抜かなくて済むというのは間違いです。
小さいうちから歯並びをいじることで、歯がうしろにいくので、一見よさそうに思え
ますが、かえって問題を抱えてしまうケースも少なくありません。 治療のせいで、奥歯が使えなくなってしまうケースがあるといいます。矯正でうしろに押したことで、奥歯が歯茎にもぐってしまい炎症が起きることがあります。そうなると、大事な大臼歯(奥歯)を抜かざるをえなくなってしまうこともありえます。子どもの歯科矯正は非常に難しい分野です。いろいろな落とし穴があります。成長過程にあるため、目標をどこに置くかを見誤りやすいのです。きちんとした設計図を描くことなく、とりあえずやってみようという矯正治療を受けたら、それこそ大変です。たとえ、何とか歯が並んだとしても、将来、永久歯にすべてはえかわり、大人になったときにどうなるかがわからずに治療しているとしたら、どうでしょう。時間がたち、大人になって治らなかったり、戻ってしまったりしたら、そのクリニックには二度とかかりません。だから治療をした歯科医師は、わからないまま、間違った
治療をくり返すことになってしまうのです。
子どものころ矯正したほうがいいケースとは 例えば、早い段階で矯正治療をしたほうがよいケースをあげてみます。
骨格的に下あごが大きくなる遺伝的要素をもっている人は、早い段階で受け口を治療しても思春期になって再発してしまいます。思春期の成長で身長がグンと伸びるときに、遺伝的要素があらわれるからです。矯正を専門に行う、経験ある医師ならば、その人の受け口が骨格の問題であるかどうかを判断できます。
たとえ、再発することがわかっていても、本人や親御さんの希望があって、見た目(審美的)に問題があるような受け口の場合には、矯正治療を行うこともままあります。
たしかに、治療の効率からいうと、骨格的に受け口になってしまう人に、早い段階で治療をしても意味がありません。あとから振り返れば、時間とお金のムダといわれでも 仕方ないかもしれません。でも、こういったケースのように再発がわかっていても、治 療するケースはあるのです。問題は、治療前に、再発する可能性があるということをきちんと説明してもらえたかどうか、納得して治療を受けたかどうかです。
子どもの時期のほとんどの矯正治療には、歯並びゃ歯の問題と、成長、発育で変化する骨格の問題が混ざっています。矯正を専門として行っている医師ならば、ある程度、将来を見越して効果的なムダのない治療を選択することができます。ですから、乳歯が混在している子どものころの治療については、矯正を専門とする医師に相談することが大切です。一律に「矯正は早いほうがよい」という治療には、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です