幼児の紫外線対策

紫外線というのは、浴びている総量で肌への影響が決まって来ます。そのため、子どもの時から適切な紫外線対策を行うことは美容目的だけでなく、生涯にわたり健やかな肌を保ために必要です。

紫外線は1日のうちで早朝や夕方は非常に弱いので、帽子や日傘などで避けることができます。しかしながら、日中10時から14時の間は紫外線は強くなるのが特徴です。子どもの頃から屋外での活動が多く、多くの紫外線を浴びている場合には注意が必要です。多くの紫外線を浴びる日中での活動は避けるもしくは、対策をしっかりとしましょう。

また、季節で言うと、4月から9月に紫外線というのは強くなります。日陰は、日向に比べて紫外線が50%減るとされています。曇りであっても、実は紫外線というのは出ており、晴天の約8割の紫外線が出ていると言われています。そのため、身体を覆う部分の多い服を着用しましょう。紫外線から肌を守ることは自分でできることです。

紫外線を避けるために、サンスクリーンを使うことも一つの手段と考えられます。特に、水遊びや海水浴の場合には、多くの紫外線を全身で浴びることになります。

なお、小学校などのプール活動では、紫外線だけでなく、様々な皮膚への影響があります。たとえば、とびひやみずいぼ、あたまじらみ、かいせんなどです。こういった様々な種類の皮膚病があります。知らぬ間に感染しているケースがほとんどですので、何か異常に気づいた場合には皮膚科医の先生に見てもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です