ストレスとアトピー

ストレスによって肌に影響が出ている場合、ストレスを取り除くということが大事ですが、ストレスを取り除くことが大事です。しかしながら、ストレスを取り除いでも肌のバリア機能が弱ければ、あまり意味がないので、ストレスを取り除くと同時に肌のバリア機能を強化する必要があります。

たとえば、軽症であればステロイドを含まない外用薬、必要に応じてステロイド外用薬を外用薬として使うのが良いでしょう。内服薬としては必要に応じて、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などの内服薬を使われるのが一般的です。

中等症であれわば、外用薬はステロイドを使用するのが一般的です。内服薬としては抗ヒスタミン薬と抗アレルギー薬が考えられます。重症の場合にも同じ治療が考えられますが、最重症の場合には、内服薬はステロイドを必要に応じて治療薬として用いられることが考えられます。

アトピーの治療においては、一定の条件を守れば、アトピーは治りますが、治療のために必要な措置を行う。例えば、界面活性剤を使わない、ごしごし洗わない、ストレスを除去する、肌のバリア機能を高めるなど。こういったことを守らずにいると再発する可能性は多いにあります。なので、アトピーの患者さんにとってNGなことは、症状が改善しても避けるようにするのが無難な対処方法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です