アトピーと液体合成洗剤

皮膚科医の中にはアトピーの原因が「液状合成洗剤」にあると指摘する医者もいます。ステロ イド軟膏で治ると過去には信じられていましたが、根本の原因が洗剤であると指摘されるよう になりました。合成洗剤については、実験や事例を根拠に合成洗剤が出現してから、アトピー が増加した。合成洗剤を中止することで、アトピーが改善されるという事例が指摘されていま す。学者による動物実験も行われています。 合成洗剤を使用した場合、確執細胞の脱落量が石けんと比較して高いということです。これは 皮膚のバリア機能が喪失してしまうことを意味しています。合成洗剤を使用すると、アトピー が発生し、悪化する危険性があるとの指摘がある一方で、合成洗剤の使用を中止するとアト ピーが改善されるとの指摘があります。 合成洗剤で最も気をつけるべき成分は「合成界面活性剤」です。脂質と結合して、破壊してい く力を持っています。さらに、合成洗剤は角質細胞膜をも破壊するものです。バリア機能が破 壊されてしまうと、外界からの侵入物がいとも簡単に入ってしまいます。カビ、ゴミ、最近、 ウイルスなどいろいろな遺物が体内に侵入します。ステロイド軟膏を塗って対処量法的な対応 をするのではなく、元を絶つ事が大事になります。皮膚のバリアを壊す界面活性剤が原因とな りますので、その場合、ダニをやっつけることを考えることにより、洗剤を変えることが先決 となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です