日焼け止めとの付き合い方

肌を守るために1年中日焼け止めを塗る方が良いと思っている人がいますが、日焼け止めを塗る事は肌へダメージを与えることになります。そのため、日焼け止めは実はなるべく塗らない方がよいのです。

外を歩く時間が2時間以内なら、日焼け止めを使う必要はありません。顔には必ずルースパウダーかパウダーファンデーションを塗りましょう。また、日傘や手袋、長袖の服が良いでしょう。外出が2時間以上続く場合には、日焼け止めを使う方が良いです。

粉のおしろいは粒子がこまかいことから、UVケアの表示がなくても、紫外線をブロックする効果があります。そのため、日焼け止めを塗っていない際には、なおさら塗るようにしましょう。

日傘は、黒などの濃い色、また、洋服も黒に近いものを選んだ方が無難です。手袋も日焼け止め帽子のためになるべく長いひじまであるものを使うのが良いでしょう。

海水浴に行く場合には、日焼け止めは多すぎるくらい塗る方が無難です。一度紫外線を浴びてしまうと確実に肌に影響を与えます。夏のアウトドアをする場合には、なるべく効果の高い日焼け止めを塗りましょう。海やプールなどに入った場合に、日焼け止めは流れやすいので注意が必要です。水に濡れたら必ず塗り直すようにしましょう。そうでないと、最初はたっぷり塗っていたのに途中から全く日焼け止めを塗っていない状態で夏の紫外線を浴びることにもなりかねません。一度できてしまったシミは皮膚科で治療する他なくなってしまいますので、注意しましょう。