感染症であるむし歯

むし歯は感染症の一種であるため、感染に気をつけていればむし歯にはなりにくいといえます。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはむし歯菌はなく、歯が生え始めるころから感染することがあるといわれています。

むし歯菌は、母親など身近な人から感染するため、口移しで食べさせたり、箸やスプーンを共有したりすることでも感染するおそれがあります。また、熱いものをフーフーと冷ますときや、ほおずりしたときも唾液が飛ぶ可能性があり、感染を引き起こすおそれがあります。

感染を予防するためといえども、食器を殺菌したり、赤ちゃんに触れるときにマスクをしたり、ほかの人に触らせないようにしたりするなど、感染に対して過度に神経質になるのも考えものです。

むし歯菌は珍しい細菌ではないため、いつ感染してもおかしくありません。その一方で、むし歯は予防が可能な病気です。感染することばかり気にかけるよりも、むし歯にならないように、小さい頃から歯みがきは大事なことであると学ばせることなどが重要なのではないでしょうか。ただし、親や祖父母など赤ちゃんの身近な人達は、自身のむし歯を治しておいたほうが賢明かもしれません。

歯科医で治療をする時、口の中に唾液がたまることがあり、不快に感じたことがある人もいるかもしれません。それを防ぐために、診療中は歯科衛生士が歯科用バキュームという専用の器具で唾液を吸い取っています。こまめに吸ってもらえば、唾液のたまり方を抑えることができるそうです。