ボディソープより石けん

ボディソープは液体状にするために、界面活性剤が多く使われていることをご存知ですか。界面活性剤が多いために、肌に体する刺激が多いのがボディソープです。最近では多くの人ボディソープを使っていますが、実は固形石鹸の方が肌にやさしいのです。

なお、身体を洗う際には、まず身体のどの部分が皮脂量が多いのかを把握しておく必要があります。背中や胸は皮脂量が身体の他の箇所に比べて多いことを覚えておきましょう。皮脂量が少ない人は、石けんを毎日使わなくて大丈夫です。

なお、手足は皮脂腺が少ないので、油分を適度に含むクリームをていねいに伸ばしましょう。カサつきが特に気になるひじやひざ、かかとなどは尿素配合クリームが適しています。その反対に、胸や背中は皮脂が少ないため、何もつけなくて大丈夫です。

なお、普段過程で水仕事をしている人は、洗い物などをする場合には手を保護することが大切です。特に、水仕事の時には必ずゴム手袋をするようにしましょう。また、手が荒れてしまった際にも、尿素配合のクリームをつけると良いでしょう。