コンポジットレジン

歯につめるコンポジットレジンは、時間が経過すると少し収縮することがあります。すると、歯とコンポジットレジンの間に隙間が生じ、そこからむし歯が発生するおそれがあるといいます。

むし歯菌は非常に小さいものですが、この時に生じる隙間はむし歯菌が侵入するのには十分な広さがあり、侵入を防ぐのは至難の業です。歯科医の中には、コンポジットレジンの収縮を可能な限り抑えられる工夫をする人もいるといいます。コンポジットレジンを少し入れて固めるという工程を何度も行い、収縮を最小限にするなどです。

さらに、コンポジットレジンが引き起こすむし歯は、歯科医師だけの問題ではないと考えられています。患者の中には、治療をしたらその後はむし歯にならない、という考えを持つ人もいますが、治療した歯もしっかりと磨かなければなりません。そうすれば、コンポジットレジンによるむし歯も防げる可能性が上がります。

また、歯髄(歯の神経)を抜く治療も、歯と詰めたものの境目にわずかな隙間が生じ、むし歯の再発の原因になることがあるようです。さらに、歯の神経を抜いてしまっているため、むし歯が進行に気付きづらく、発見が遅れてしまうという問題もあります。さらに、神経を抜くと歯がもろくことも覚えておかなければなりません。歯は中心にある歯髄から栄養を取り込むことで新しい象牙質を作っています。丈夫な歯を維持するには栄養を取り入れなければならず、歯髄がないと栄養供給が途絶え、新たな象牙質をつくれなくなってしまいます。