むし歯になりやすい人

むし歯の原因は、むし歯菌が歯の表面に細菌が増殖して膜(バイオフィルム)をつくることだと考えられています。ですので、口の中にバイオフィルムができやすい環境があると、むし歯になりやすいといえます。

体質的に虫歯になりやすい口腔環境にある人や、次のような生活習慣、食習慣をしている人は、むし歯の原因となるバイオフィルムをつくりやすく、むし歯のリスクが高いため生活習慣を見直したほうがよさそうです。

甘い飲み物や食べ物をよく摂取する人は注意が必要です。こういった食べ物に含まれる糖はむし歯菌の大好物はであり、糖が常に入ってくれば、むし歯菌が増えて酸を出します。その結果、脱灰と再石灰化に不都合が生じて、むし歯になっていくそうです。一日中、甘い飲み物をダラダラと飲んでいる人や、ガムやあめを食べている人は特に注意したほうがよいでしょう。また、就寝前に甘い物を取るのも、むし歯のリスクを高めるといえるので気をつけたほうが良いと思います。

唾液の働きには、食べ物をスムーズに消化器官に送ること以外に、むし歯菌を洗い流したり、酸性に傾いた歯を中和して中性に戻したりすることがあると考えられています。また、再石灰化のためには、唾液に含まれるリン酸とカルシウムが欠かせません。唾液の分泌量が少なくなると、こうした働きが低下するため、むし歯になりやすくなるというわけです。口がよく渇く人は唾液の分泌が減る傾向にあるので、歯科医などに正しい歯磨きのやり方を学びましょう。