アレルギー検査

金属の詰め物などによって口の中や手足などにアレルギー反応の症状がでることを金属アレルギーといいます。金属アレルギーの予防策としては、対処法としては、パッチテストがあります。これは試薬を背中に張って反応を見る検査で、アレルゲン(原因物質)が特定できれば、該当する金属元素を含まないものを使ったり、金属以外の材料を使ったりすることができるといいます。

パッチテストは皮膚科や専門歯科病院などで実施されています。パッチテストに使われる金属試薬は何種類かありますが、アレルゲンの特定はパッチテスト以外にも、さまざまな面から検証して慎重に判断する必要があります。

金属以外ではセラミック、ジルコニアセラミックなどがあります。ジルコニアセラミックは壊れやすいという問題点がありましたが、最近のものは品質が改善されて金属以上の強度があるものも存在しているようです。ただし、値段は少し高くなるので注意してください。

歯の神経などの治療で唾液や細菌の侵入防止、器具の誤飲防止のために、ラバーダムというゴム製のシートが活用されています。歯髄や歯根の治療といった歯内療法のガイドラインにもラバーダムの装着が義務付けられているそうです。歯内療法をする際には無菌状態に保つことが必要不可欠であり、ラバーダムがなければ歯内療法は出来ないといっても過言ではありません。しかし、中にはラバーダムを使わずに治療をする歯科医もいるといいます。そのため、使用の有無が「いい歯科医」なのかどうかを見極める要因になるかもしれません。